メーカー営業マンのアンテナ

文系BtoBメーカー営業マンが興味の赴くままに情報収集・発信するブログ

水素エネルギーが拓く未来:日本とEUの連携

気候変動とエネルギー危機は、私たち全員にとって切実な課題です。

しかし、日本とEUが進める水素エネルギーの共同開発は、

これらの問題に対する一筋の光となり得ます。

この記事では、世界が直面するエネルギー問題を、

水素技術の進展を通じてどのように解決しようとしているかを見ていきます。

この技術がどのように日常生活に利益をもたらすか、

またグローバルな環境保護にどう貢献するかが明らかになります。

最終的に、水素エネルギーは単なる代替エネルギー源にとどまらず、

新たな産業革命を引き起こす可能性を秘めています。

 

1. 今回のニュース

1.1. 5W1H要約

<Who>

・日本と欧州連合EU)の政府

川崎重工業と独ダイムラートラックホールディング (企業間の協力)

<What>

・水素を次世代燃料として普及させるため、国際規格の策定に着手

<When>

・2040年ごろまでの共同工程表を作成する方針で近く合意予定

<Where>

・日本とEU

<Why>

・水素は製鉄、化学業界で化石燃料の代替として、また脱炭素化の推進に不可欠

<How>

・水電解装置を用いた「グリーン水素」の生産、液化水素の輸送技術の開発と国際基準の設定

 

1.2. 要約

日本と欧州連合EU)は、水素を次世代燃料として普及させる目的で、製造装置や輸送技術などの国際規格の策定に着手する。

この取り組みは、日本の斎藤健経済産業相EUのシムソン委員(エネルギー政策担当)が近く行う会談で具体的な方針が決定される予定。

水素は特に温暖化ガスを多く排出する産業で化石燃料の代わりとして期待されており、再生可能エネルギーを利用した「グリーン水素」の利用拡大が見込まれる。

また、川崎重工業と独ダイムラートラックホールディングは、水素供給網の構築に向けた協力文書を交わし、輸送技術の発展を図る。

この国際基準の確立は、中国など価格競争力のある国に対する戦略的な手段ともなる。

www.nikkei.com

 

2. 海外の反応

2.1. 中国

中国は、グリーン水素技術の商業化に向けた強い政策指導とインセンティブに注目しており、これにより産業システムと広範な経済の変革が期待されています。

特に、中国は2030年までに大規模なグリーン水素開発の新たな段階に入る計画を立てており、中国のエネルギー政策において水素が戦略的に重要な位置を占めるようになっています​。

さらに、中国は再生可能エネルギーを利用した水素の生産において、大規模な電解装置の設置能力を増強しており、2022年には全世界の電解装置の容量の60%以上を占める見込みもありました。

この背景には、中国の国内で急速に成長するエネルギー需要と環境問題への対応があります。

中国は、再生可能エネルギーからの水素生産技術の開発と、これに伴う産業チェーンの革新を進めており、特に欧州連合や日本との協力関係を強化することで、国際市場での競争力を高めようとしています。

また、中国は国際的な価格競争においても有利な位置を確保しようとしており、水素市場の拡大に向けた多くの国際協力プロジェクトに参加しています。

これらの動向は、水素エネルギーが中国の脱炭素化戦略の中核をなすと同時に、新しいエネルギー産業の発展機会を世界市場に提供するものと見られています。

www.weforum.org

www.csis.org

 

2.2. アメリ

アメリカは、水素エネルギーの推進に関して日本とEUの取り組みに肯定的な姿勢を示しています。

特に、アメリカは独自のエネルギー政策として、クリーンエネルギーの移行を促進するための大規模な資金提供や税制優遇措置を展開しており、日本とEUの水素技術の進展によって、国際的な協力の強化が見込まれます。

このような背景の中、アメリカは国際市場での水素エネルギーの発展とその商業化を目指し、特に水素ハブや大規模な水素プロジェクトの支援に注力しています。

さらに、アメリカは、EUとの連携を強化し、クリーンエネルギーの促進や環境政策の調和を図るための政策や標準の策定に取り組んでいます​。

この取り組みは、アメリカがクリーンエネルギーへの移行を進める中で、水素エネルギーが重要な役割を担うと考えていることを示しています。

また、国際協力を通じて、より持続可能で安全なエネルギー供給体系の構築を目指しています。

rmi.org

https://www.energy.gov/articles/joint-statement-us-and-eu-following-11th-us-eu-energy-council

Hydrogen in 2024: three key insights - NautaDutilh

 

2.3. ドイツ

ドイツは、水素エネルギーを活用した脱炭素化に積極的に取り組んでおり、2030年までに10GWの緑の水素生産目標を設定しています。

この目標は、特に重工業や運輸業界の温室ガス削減に寄与することが期待されています。

ドイツ政府は、水素の国内市場を確立するための戦略を進めており、国内外での水素技術の発展と協力に重点を置いています。

また、ドイツはEUと共にグリーン水素を推進するために10億ユーロ以上を投資しており、これにはブラジル、エジプト、インドなど複数の国でのプロジェクトが含まれています。

これらのプロジェクトは、再生可能エネルギーの利用、温室ガスの削減、そして地元経済への大きな影響を目的としています​​。

さらに、ドイツは水素インフラの整備にも力を入れており、特にグリーン水素の生産から消費までを支える核となる水素ネットワークの構築を進めています。

このネットワークは、重要な工業センターやエネルギー貯蔵施設、発電所、貿易回廊などを結び、全国規模での水素供給体系の基盤を築くことを目指しています​。

これらの取り組みにより、ドイツは国際的にも水素技術のリーダーとしての地位を確立しつつあり、EU全体のエネルギー戦略においても重要な役割を果たしています。

www.hydrogenfuelnews.com

www.csis.org

solarquarter.com

www.h2-view.com

sustainability.freshfields.com

 

3. ニュースを深堀

3.1. 環境

Q.

水素エネルギーの実用化において、環境保護法規との整合性はどのように確保されるか?

A.

水素エネルギーの実用化における環境保護法規の整合性は、各国の規制やガイドラインに基づいて進められています。

例えば、英国の環境庁は、水素の生産に関する新しいガイダンスを公開し、水素生産施設の設計と開発を支援しています。

これには環境と地域社会を保護するための厳格な要件が含まれており、適切な環境許可を得るための支援も提供されています​。

また、アメリカでは、エネルギー省や連邦エネルギー規制委員会(FERC)など、複数の連邦機関が水素の安全性や基準の設定に関与しています。

これには、水素の輸送や貯蔵、使用に関連する安全規格やコードの開発が含まれます​​。

さらに、国際エネルギー機関(IEA)は、水素がクリーンエネルギー移行を支える潜在力を持っていると指摘しており、技術の成熟とコスト削減を通じて広範な利用が期待されています。

政策の推進や技術開発により、水素は多様なエネルギー需給シナリオでの利用が見込まれています​。

これらの情報から、水素エネルギーの実用化が進むにつれて、各国は環境保護を重視した法規制の整備を進め、持続可能なエネルギー源としての水素のポテンシャルを最大限に引き出していくことが期待されます。

www.gov.uk

cms.law

https://www.energy.gov/eere/fuelcells/regulations-guidelines-and-codes-and-standards

www.iea.org

 

3.2. 政治

Q.

水素エネルギーの国際貿易と地政学的影響は何か?

A.

水素エネルギーの国際貿易と地政学的影響については、多くの面で重要な要素が絡み合っています。

水素は地政学的なリスクとチャンスの両方を提供しますが、その国際貿易は従来の石油やガスの貿易に比べて地政学的に影響されにくい特性を持っています。

水素は多様な原料から生産可能であり、その生産地も広範囲にわたるため、特定の国による供給の支配やカルテル化が起きにくいとされています。

また、国際市場での水素の価格設定や貿易基準をどのように決定するかが、今後の市場の形成に大きな影響を与えると予想されます。

これには透明で一貫性のある国際基準の設定が必要であり、それによって水素市場の健全な発展が促進されることになります​。

さらに、国際的な水素市場の形成には、低コストで豊富な再生可能エネルギーを持つ国々が新たな生産国として台頭する可能性があり、これが既存のエネルギー供給国との経済的な力学を変える可能性があります。

www.irena.org

www.atlanticcouncil.org

 

3.3. 経済

Q.

水素エネルギーの普及が世界経済にどのような影響を与える可能性があるのか?

A.

水素エネルギーの普及が世界経済に及ぼす影響は、その技術の成熟とコスト削減が進むにつれて顕著になります。

特に、クリーンな水素は、運輸、産業、エネルギー生成などの分野で化石燃料を置き換える可能性があります。

これにより、新たな産業や雇用の創出、さらには地域経済の活性化が期待されています​​。

水素は、特に再生可能エネルギーの利用を増やすことで、エネルギー供給の多様化と安定化を図ることができます。

再生可能エネルギーから生成されるグリーン水素は、電力需給のバランスを取るための貯蔵手段としても有効であり、エネルギーセキュリティの向上に寄与する可能性があります​ ​。

さらに、国際的な水素市場の成長に伴い、新しい貿易ルートや経済的な連携が形成されることで、地政学的な影響も予測されます。

これには、従来のエネルギー輸出国と輸入国の関係が変化し、新たなエネルギー供給国が登場することが含まれます。

これらの変化は、水素がエネルギー資源として国際市場でどのように位置付けられるかにも影響を及ぼすでしょう​。

このように、水素エネルギーの普及が進むことで、世界経済に多大な影響を与えると同時に、持続可能な発展を促進する鍵となり得るため、その経済的影響を理解することが重要です。

www.mckinsey.com

www.iea.org

www.irena.org

 

4. 更なる深堀の為に

今回のテーマの理解を深める為に、参考までに書籍を紹介させていただきます。

 

 

 

以上です。

 

 

マレーシアの国家半導体戦略:その影響と展望

半導体産業は、現代社会において欠かせない存在です。

今日、マレーシアが新たに国家としての半導体戦略を打ち出しました。

この戦略は、海外メーカーの誘致や国内企業の支援、人材育成を強化するものです。

これにより、国際的な半導体ハブとしての地位を確立することが期待されます。

この記事では、マレーシアの半導体戦略とその影響について理解することが目的です。

 

1. 今回のニュース

1.1. 5W1H要約

<Who>

・マレーシアのアンワル首相

<What>

・新たな「国家半導体戦略」を公表

<When>

・2024年5月28日

<Where>

・クアラルンプール市内のイベント

<Why>

半導体産業の付加価値を高め、技術革新を促進するため

<How>

・250億リンギ(約8300億円)を投じて、

 海外メーカーの投資誘致、人材育成、中小企業支援を行い、

 高度な技術半導体分野に特化する

 

1.2. 要約

マレーシアのアンワル首相は、2024年5月28日にクアラルンプールで開催されたイベントで、半導体産業の発展を目指す新たな国家戦略「国家半導体戦略」を発表しました。この計画には、250億リンギ(約8300億円)が投じられ、技術革新を促進するための海外企業の投資誘致や人材育成、中小企業の支援が含まれています。特に、回路設計や先端パッケージングといった高い付加価値を出せる工程に焦点を当て、マレーシアを国際市場で競争力のあるものに育成します。さらに、米中の半導体供給網の対立の中で、マレーシアは中立的な立場を生かして外資の誘致を強化し、半導体産業の地位確立を目指します。

www.nikkei.com

 

2. 海外の反応

2.1. アメリカ合衆国

アメリカの立場から見たマレーシアの新しい国家的な半導体戦略に対する反応は、前向きなものであることが予想されます。

アメリカはマレーシアとの半導体供給網の関係強化を目指すために、2022年にマレーシア国際貿易産業省と半導体供給網のレジリエンス向上を目的とした協力覚書(MOC)に署名しました。

この協力体制は、透明性と信頼の向上、さらには半導体供給網への投資促進を図ることを目指しています。

また、このパートナーシップを通じて、供給網の課題についての議論を行ったり、長期的な関係を構築する機会をうかがっています​。

さらに、アメリカの企業にとってマレーシアが魅力的な投資地となっていることも明らかです。

マレーシアの成熟した半導体エコシステムは、アメリカ企業にとって魅力的な選択肢となり、供給網の多様化やリスクの分散に貢献しています。

この背景には、アメリカと中国の間で進行中の技術戦争があり、マレーシアの中立的な立場がアメリカ企業にとって有利に働いているとされています​。

www.commerce.gov

www.businesstoday.com.my

 

2.2. 中国

中国の立場から見ると、マレーシアの国家的な半導体戦略は、米中間の技術的緊張が高まる中で重要な役割を果たす可能性があります。

特に、中国にとって国内外での半導体産業の発展が急務であり、マレーシアの戦略がこの分野での協力や競争にどのように影響を与えるかを注目されます。

中国は自国の半導体製造能力を強化しようと努力しており、マレーシアの戦略がこれを補完するのか、もしくは対立するのかがポイントです。

マレーシアは技術的中立性を保ちつつ、アジアにおける半導体生産のハブとしての地位を確立しようとしています。

この地政学的なバランスから、マレーシアは中国だけでなく、世界的な半導体企業からの投資を引きつける有望な地と見なされています。

中国の市場との連携も見込まれ、特に経済活動の再開が世界的な供給網への影響を及ぼす中で、このような戦略がどのように展開するかが注目されています​ 。

したがって、中国はマレーシアの動向を慎重に分析し、自国の半導体戦略においてどのようにこれを位置づけるかを検討していると思われます。

www.businesstoday.com.my

www.businesstoday.com.my

 

2.3. 日本

日本の立場から見ても、マレーシアの国家的な半導体戦略に対する関心は高いと思われます。

日本経済産業省は、2030年までに国内の半導体製品の売上を増加させる目標を設定しており、マレーシアとの技術協力がその目標を達成する計画の一部となっています​。

また、日本はマレーシアとの間で戦略的パートナーシップを結び、両国間の経済および技術関連の関係強化を図っています。

このパートナーシップでは、高速鉄道プロジェクトなどのインフラ開発や先端産業技術の共同開発が含まれており、経済安全保障と地域の安定に寄与することを目指しています​。

これらの取り組みから、日本はマレーシアとの経済的な結びつきをさらに強化し、アジア太平洋地域における日本の影響力を増すことを期待しています。

また、半導体産業を含む高技術分野でのリーダーシップを確立しようとしており、これが日本の長期的な経済成長戦略の重要な部分となっています。

techwireasia.com

thediplomat.com

 

3. ニュースを深堀

3.1. 地政学

Q.

マレーシアの国家半導体戦略は、米中技術競争の中でどのように地域のバランスを変えるのか?

A.

マレーシアの国家的な半導体戦略が地域バランスに与える影響は、主に米中間の技術競争という地政学的な文脈の中で評価されています。

特に、米国が中国の最先端技術へのアクセスを制限する中で、マレーシアは中立国としての魅力を増しています。

この背景には、マレーシアが半導体製造のための高度な技術とインフラを提供できる点があります。インテルなどの大手企業がマレーシアに巨額の投資を行うことで、地域における技術的なハブとしての地位を確立しています​。

さらに、マレーシアはアジア太平洋地域における技術供給網の多様化とリスク分散のための重要な拠点として位置付けられています。

これにより、国々が単一の供給源に依存するリスクを軽減し、経済安全保障を高めることができます。マレーシア政府もこの動向を活用し、国内の高付加価値産業への移行を図ることで、経済の持続可能な成長を目指しています​。

このように、マレーシアの半導体戦略は、地政学的な影響だけでなく、経済的な利益と技術的な進歩にも寄与しており、地域全体のバランスに多大な影響を与えています。

www.businesstoday.com.my

www.ft.com

 

3.2. 科学技術

Q.

マレーシアの国家的な半導体戦略において、最先端の半導体パッケージング技術の導入は、国の技術革新と産業競争力にどのような変革をもたらすのか?

A.

マレーシアの国家半導体戦略における最先端の半導体パッケージング技術の導入は、国の技術革新と産業競争力に顕著な変革をもたらしています。

この戦略の核となるのは、高度な半導体製造技術の導入と国内での技術能力の拡充です。

特に、インテルはマレーシアで最新の3D半導体パッケージング施設を建設しており、これはチップの性能を大幅に向上させる技術です。

この施設は、チップを積層することで効率と機能を高めることができます​。

さらに、政府は半導体産業の成長を支援するために税制優遇措置を導入しており、これが外国からの投資を促進し、地元企業の技術力の向上を促しております。

このような政策は、半導体産業の全体的な発展を促し、マレーシアを国際的な半導体製造のハブへの変貌を可能にしております​。

これにより、国全体の技術革新と産業構造の高度化に寄与し、長期的な経済成長につながる可能性があります。

asiatimes.com

www.azmilaw.com

 

3.3. 経済

Q.

マレーシアの国家的な半導体戦略は、経済成長にどのように寄与するのか?

A.

マレーシアの国家的な半導体戦略は、同国の経済成長に大きな影響を与えると期待されています。

この戦略は、外国からの直接投資(FDI)を引きつけ、技術革新を促進し、高付加価値産業を育成することを目的としています。

2023年には、マレーシアは約760億米ドル(約3540億リンギット)のFDIを確保し、政治的安定と新しい産業マスタープラン(NIMP 2030)による経済改革が推進されました。

(1)外国直接投資の誘致

インテルは、ペナンとクダ州に新たなパッケージングおよびテスト施設を建設するため、30億リンギット(約7.1億米ドル)を投資しています。

これにより、5000人以上の建設関連の雇用と4000人以上の現地の雇用が創出される見込みです。

また、インフィニオンやテキサス・インスツルメンツなどの大手企業も、マレーシアでの製造能力を拡大しています​。

(2)経済成長の促進

半導体産業はマレーシアのGDPの約7%を占めており、電子部品やICの輸出は総輸出の25%を占めています。

この分野での成長は、国内の技術力向上と産業の高度化を促進し、持続可能な経済成長に寄与します。

政府は、インダストリー4.0標準を満たす自動化生産施設の建設を推進しており、これにより国際的な競争力を高めています​​。

(3)政策と改革

NIMP 2030は、前工程(集積回路設計やウエハー製造)から後工程(チップの組立、テスト、パッケージング)まで、半導体産業全体のバリューチェーンを強化することを目指しています。

これにより、マレーシアは高付加価値な分野に関わることで、世界市場での地位を向上させることが期待されています​​。

asiatimes.com

eastasiaforum.org

www.thestar.com.my

 

4. 更なる深堀の為に

今回の記事のテーマの理解を深める為に、参考までに書籍を紹介させていただきます。

 

 

以上です。

 

 

BYDシャーク登場、中国車の北米市場攻略の一手

自動車業界の国際的な競争は日々激化しています。

中国の自動車大手BYDがメキシコで新型ピックアップトラック「シャーク」を発表し、

その戦略的な意図が注目を集めています。

本記事では、BYDの新たな動きが北米市場、

そして世界市場にどのような影響を及ぼすかを探ります。

国際ビジネスのダイナミクス自動車産業の将来を見据え、

BYDのこの一手がどのような地政学的な動きを引き起こすのかを考えることが、

本記事の目的です。

 

1. 今回のニュース

1.1. 5W1H要約

<Who>

・比亜迪(BYD)

<What>

プラグインハイブリッド車 (PHV) タイプのピックアップトラック「シャーク」

<Where>

・メキシコ

・(いずれ、)中南米

<When>

・2024年5月14日発表

<Why>

・メキシコにおけるピックアップ市場の成長への期待

・将来的には米国向けの輸出拠点としても活用予定

<How>

・高い性能 (840kmの航続距離,5.7秒で100km/h加速)

・利便性 (音声操作ディスプレー)

 

1.2. 要約

中国の自動車製造大手、比亜迪 (BYD) は、メキシコで新型ピックアップトラック「シャーク」を発表し、中国以外で初の車種発表となりました。

この新型車はプラグインハイブリッドで、最大840kmの航続距離と5.7秒で時速100kmまで加速する性能を持ち、音声操作が可能な先進的なディスプレーを搭載しています。

BYDアメリカのCEOステラ・リーは、「ピックアップトラック市場の重要性」を強調し、メキシコ市場での成功後、南米や東南アジアへの拡大を図ると述べました。

さらに、メキシコに新たな生産拠点を設立し、将来的にはアメリカ向けの輸出拠点としても利用する計画です。

この戦略により、BYDはグローバル市場での影響力をさらに拡大する見込みです。

www.bloomberg.co.jp

 

2. 海外の反応

2.1. アメリカ合衆国

アメリカは、BYDの新型ピックアップトラック「シャーク」のメキシコでの発表に注目しており、この動きを電動ピックアップトラック市場における重要な進展と位置づけていると考えられます。

特に、電動トラックとしての特性や、競合他社との比較 (例えばテスラのCybertruckやフォードのF-150 Lightningとの比較) に焦点を当てています。

また、BYDが「シャーク」を海外市場、特にメキシコ市場に最初に導入する戦略について、このモデルが国際的なステージでのデビューを迎えることの意義を強調しています。

この戦略は、特に米国市場への今後の展開を見据えており、メキシコでの成功が北米市場への橋渡しとなることが予期されます​。

さらに、このピックアップトラックが提供する高性能な電動パワートレインやデュアルモードのオフロード機能にも言及があり、将来的には右ハンドル市場 (例えばオーストラリアや南アフリカ) にも導入される計画であることが示されています​。

www.teslarati.com

www.gizmochina.com

 

2.2. メキシコ

メキシコでは、BYDの新型ピックアップトラック「シャーク」の発表を大きく取り上げ、このイベントを電動自動車の新時代の幕開けとして報じられています。

メキシコでの発表は、BYDにとって海外市場への重要な一歩であり、特に米国市場への橋渡しとなる戦略的な動きと位置付けています。

さらに、メキシコに新工場を建設する計画も注目されており、この工場は年間15万台の車を生産し、主にメキシコ市場向けとされています。

mexiconewsdaily.com

 

2.3. 中国

中国では、BYDの新型ピックアップトラック「シャーク」の発表について、その技術的な革新と国際市場への進出という観点から積極的に報道されています。

特に、「シャーク」が中国の自動車メーカーとしては珍しいプラグインハイブリッドピックアップトラックである点、また、そのオフロード性能を向上させるために開発されたデュアルモードオフロード (DMO) プラットフォームに焦点を当てています。

さらに、このトラックの国際デビューが中国以外で行われるという事実も強調され、グローバル市場におけるBYDの野心を示しています​。

これに加えて、BYDが中国の市場だけでなく、世界各国の市場に積極的に進出していることも報道されており、メキシコでの発表がその戦略の一環であると位置づけられています。

carnewschina.com

 

3. ニュースを深堀

3.1. 地政学

Q.

BYDのメキシコでの生産拠点設立が示す、自動車市場における中国の戦略は?

A.

BYDのメキシコにおける生産拠点設立は、米国市場への進出を目指す中国の戦略的な野心を示しています。

メキシコはその地理的な利点と労働コストの低さから、中国自動車メーカーにとって魅力的な生産拠点となっており、特に米国市場への輸出拠点としての機能を果たすことが期待されます。

さらに、BYDはメキシコでの生産を通じて、米国との自由貿易協定 (USMCA) の下で、関税の利点を享受することができます。

これにより、北米市場における販売コストを大幅に削減し、競争力を高めることが期待されています​​。

また、この戦略はBYDにとって、グローバルなブランドとしての地位を確立し、国際市場での存在感を強化するための重要なステップです​。

しかしながら、この動きは米国の自動車産業に対する懸念も引き起こしています。

中国製EVがメキシコから米国市場に流入することにより、米国の自動車メーカーにとっては大きな競争圧力となることが予想されます​。

このように、BYDのメキシコでの活動は、単に製造業の地理的再配置だけでなく、国際貿易や地政学的なダイナミクスにも大きく影響を与える可能性があります。

 

3.2. 科学技術

Q.

ピックアップトラックとは?

A.

ピックアップトラックは、自動車の一種で、運転席と助手席のあるキャビン部分と、大きな荷台を持つ車両です。

一般的に、キャビン部分は2〜4人が乗れるように設計されており、荷台はさまざまな荷物を積むために使われます。

ピックアップトラックは、農業、建設業、配送業など、多くの業界で幅広く利用されています。

ピックアップトラックの特徴として、耐久性が高く、頑丈なフレームを持っていることが挙げられます。

また、四輪駆動機能を備えているものも多く、オフロード走行や悪天候時の運転にも適しています。

エンジンはガソリンやディーゼルが主流ですが、近年では環境に配慮した電動モデルやハイブリッドモデルも増えています。

さらに、ピックアップトラックはその積載能力の高さから、日常の移動手段としてだけでなく、レジャーやアウトドア活動でも人気があります。

例えば、キャンプ用品、スポーツギア、大型の家具などを運ぶ際に非常に便利です。

初心者にとってピックアップトラックの利点は、多用途に使えることと、悪路でも安定した走行ができることです。

荷物をたくさん積む必要がある場合や、アウトドア活動が好きな人には特におすすめの車種です。

 

4. 更なる深堀りの為に

今回の記事のテーマの理解を深める為に、参考までに書籍を紹介させていただきまます。

 

 

以上です。

SMIC業績悪化、米中技術戦争の影響は?

半導体が私たちの日常生活に欠かせない技術であることは周知の事実です。

しかし、その背後で繰り広げられている経済戦争の現状はどんなことが起きているのでしょうか?

この記事では、中国の半導体大手SMICの2024年第一四半期の決算報告を取り上げ、その数字が示す背景に迫ります。

利益が大幅に減少した原因を技術的、経済的、地政学的観点から市場に与える影響を分析します。

最終的に、この記事が半導体産業理解する上での手がかりを得る事が本記事の目的です。

 

1. 今回のニュース

1.1. 5W1H要約

<Who>

・中芯国際集成電路製造(SMIC)…中国の半導体受託生産最大手

<When>

・2024年1~3月期

<Where>

・中国 (メイン)

・米国 (サブ)

<What>

・純利益が前年同期比69%減の約110億円

・売上高は20%増の17億ドル

<Why>

・新工場建設による生産能力の拡大で製造コストが上昇

・研究開発費用の増加

<How>

・自動車用など向けは7%にとどまり、スマートフォン向けが31%で最多

・中国市場向けが82%まで高まる

 

1.2. 要約

中国の半導体受託生産最大手、中芯国際集成電路製造 (SMIC) は2024年1~3月期の決算で、純利益が前年同期比69%減の7179万ドル (約110億円) と大幅に減少。

これは新工場の建設による生産能力の拡大に伴う製造コストの上昇、さらに研究開発費用の増加が原因である。

売上高は20%増の17億ドルを記録し、主にスマートフォン向けが増加したことが影響している。

地域別では中国市場向けが82%まで高まった一方で、米中対立の影響で米国向けは15%に低下。

米国の規制強化と技術的な制約がさらなる課題を生んでいる。

 

www.nikkei.com

 

2. 海外の反応

2.1. アメリカ合衆国

技術的制約と地政学的緊張がSMICの業績に及ぼす影響に焦点を当てられています。

・技術的制約

SMICは、先端技術であるEUV (極端紫外線) 露光装置を利用できないため、7nmおよび5nmプロセス技術の開発において問題が発生しています。

これは製造コストの増加と製品の品質問題につながっており、結果として利益率が低下しています​ 。

地政学的緊張

アメリカによる輸出規制がSMICのビジネスに影響を与えており、これによりSMICは自国 (中国) の市場にさらに依存する状況に追い込まれています。

このような規制はSMICが高度な半導体技術を使用することを困難にしており、中国経済の低迷も合わせて需要減少につながっています​。

 

China's chipmaking champion struggles —SMIC fab warns that it could see declined profits due to increasingly tense economy and geopolitics | Tom's Hardware

 

2.2. 台湾

主に地域競争と技術進化の観点から報道されています。

特に、台湾の代表的な半導体メーカーであるTSMCとの比較を通して、SMICの技術的な遅れがどのように地域市場に影響を与えているかについて言及されています。

SMICが直面している主な課題には、高度な製造技術の欠如、特にEUV (極端紫外線) 露光技術へのアクセス制限があり、これが全体的な競争力に影響を与えています。

また、地政学的な緊張が業界の動向にどのように作用しているかについても触れられており、これがSMICの戦略と市場でのポジショニングに重要な役割を果たしていることが強調されております。

 

www.techpowerup.com

 

2.3. オランダ

ASMLとの技術的な競争と半導体製造設備に対する影響に注目が集まっています。

ASMLは、オランダが誇る半導体製造装置のリーダー企業です。

特に、EUV (極端紫外線) リソグラフィ技術は半導体の微細化に不可欠であり、その供給制限がSMICの技術的な発展にどう影響するかが注目されています。

また、ASMLの技術がグローバルな半導体供給チェーンにおいていかに重要な役割を担っているかが強調されております。

 

www.asml.com

 

3. ニュースを深堀り

3.1. 科学技術

Q.

SMICの技術的な遅れ、特に高度なリソグラフィ技術 (EUV) へのアクセス制限がどのように同社の製品と市場競争力に影響を与えているのか?

A.

SMICの技術的な遅れ、特に高度なリソグラフィ技術であるEUV (極端紫外線) へのアクセス制限は、同社が最先端のチップを製造する能力に大きな制約を与えています。

この技術的な遅れは、市場競争力にも影響を及ぼし、SMICは他の先進的な半導体製造業者と比較して競争力を欠いております。

例えば、中国は先進的なASML製のリソグラフィ機器、特にEUV技術へのアクセスが制限されているため、自国での技術開発に力を入れ、DUV (深紫外線) 技術を用いた代替手法を模索しています。

これにより、より微細な5ナノメートル級のチップ製造が目指されていますが、EUV機器に比べて技術的な限界があるため、最先端の3ナノメートルやそれ以下のプロセスにはまだ及ばない状況です​。

このような状況は、SMICだけでなく、中国半導体業界全体の技術的自立を目指す動きに火をつけており、国際的なサプライチェーンの再編にも影響を与えています。

 

www.scmp.com

thechinaproject.com

 

 

3.2. 地政学

Q.

米中対立により、技術移転、輸出規制、市場アクセスといった問題がSMICにどのように影響を与えているのか?

A.

米国の輸出規制は、中国が最先端の半導体技術や製造装置を入手することを困難にしています。

これにより、SMICは他のメーカーとの技術的なギャップを埋めるために、国内での技術開発に更に力を入れざるを得なくなっています。

また輸出規制は、中国だけでなく、アメリカやオランダなどの同盟国の企業にもビジネスリスクを増大させ、国際的な供給網の再編成を促しています​。

 

www.atlanticcouncil.org

www.csis.org

 

4. 更なる深堀りの為に

今回の記事のテーマに関する理解を深める為に、参考までに書籍を紹介させていただきます。

 

 

 

以上です。

ブラジルのEV市場における中国の影響

 

日本でも見かけるようになった電気自動車、しかし本当に環境に優しいのでしょうか?

今、世界は電動化の進展とともに、その影響を真剣に考え始めています。

本記事では、中国が中南米市場で急速に拡大するEV市場の実態と、それが地域経済に及ぼす影響を掘り下げます。

国際的な市場動向を理解し、持続可能な技術への見識を深める機会とするのが、本記事の目的です。

 

1. 今回のニュース

1.1. 要約

2024年、中国が電気自動車 (EV) とプラグインハイブリッド車 (PHV) において、中南米市場での存在感を強めています。

特にブラジルでは、新車販売台数が前年同期比8倍に増加し、欧米製との競争が激化しています。

ブラジル政府はEVへの投資を拡大し、中国メーカーはブラジルでの現地生産を強化しております。

一方、米国とEUは中国製EVの流入に警戒し、貿易摩擦中南米にも生じつつあります。

中国メーカーはこの地域でのシェア拡大と生産拠点の増設を進めており、グローバルな自動車市場での競争が更に激しくなっております。

 

1.2. 5W1H要約

<Who>

・中国メーカー (比亜迪 (BYD),奇瑞汽車長城汽車

・ブラジル

・欧米 (EU,米国)

<What>

・電気自動車 (EV),プラグインハイブリッド車 (PHV) を通じて、

 中南米市場での影響力を増している。

<Where>

中南米 (特にブラジル)

<When>

・2024年1~4月

<Why>

・欧米が中国製EVの流入に警戒を強める中、

 中南米が中国製EVの主要な輸出市場となっている。

<How>

・中国車の新車販売台数は前年同期比8倍に増加

・EV工場の投資拡大

・ブラジルにおける販売店数を増加

www.nikkei.com

 

2. 海外の反応

2.1. アメリカ合衆国

中国の電気自動車 (EV) に関する報道は、主に経済と安全保障のリスクの観点からなされています。

特に、中国製EVが米国市場に与える影響や、中国製のスマートカーが収集するデータが安全保障に与える潜在的なリスクが注目されています。

米国はこれを政治的、経済的にバランスの取れたアプローチで対応すべきだとする意見があります。

一方で、セキュリティの懸念については、その根拠に対して疑問を投げかける声もあります。

さらに、中国はラテンアメリカでのEVの市場支配を強化しようとしており、この地域での鉱山、港、工場への戦略的投資を進めています。

これは、リチウムなどの重要な金属の調達の確保を目的としており、これらの金属は電池製造に不可欠です。

中国のこのような動きは、米国にとってさらなる経済的な脅威と見なされています。

www.technologyreview.com

dialogo-americas.com

 

2.2. 中国

中国国内のメディアでは、中南米における電気自動車 (EV) 市場への進出を国の戦略的な成功として報じています。

特にブラジル、チリ、アルゼンチンにおける膨大な投資は、中国の自動車産業が地域の自動車市場において重要な役割を果たすようになっていることを示しています。

これらの投資が中南米での中国製EVの販売を促進し、地域経済にも寄与していると強調されています。

global.chinadaily.com.cn 

 

3. ニュースを深堀り

3.1. 環境面

Q.

化石燃料からの移行をもたらす電気自動車 (EV) が、どのようにして二酸化炭素排出量の削減に寄与するのか?

A. 

【肯定意見】

電気自動車 (EV) が化石燃料からの移行を通じて二酸化炭素排出量を削減することは、多くの研究で支持されています。

特に、EVは運転中に直接的な温室効果ガスを排出しないため、化石燃料を燃やす従来の車両に比べてライフサイクル全体を通して相対的に排出量が少なくなると言われております。

この点に関して、EVはヨーロッパ全体で従来の車両よりもはるかに少ない排出量を実現しており、電力供給が脱炭化が進むにつれてさらにその利点が増すとされています。

www.carbonbrief.org

【反対意見】

一方で、電気自動車 (EV) が化石燃料からの移行による二酸化炭素排出量削減の効果は限定的であるという指摘もあります。

特に、電気自動車のバッテリー生産に必要な鉱物採掘が環境に悪影響を与えることや、製造過程での高いエネルギー消費が問題とされています。

また、電気自動車が使用する電力が化石燃料に依存している地域では、実質的な二酸化炭素削減効果が薄れる可能性もあります。

www.scientificamerican.com

 

3.2. 環境面

Q.

中国製EVのバッテリー生産で使用されるリチウムなどの鉱物資源の採掘が環境に及ぼす影響は?

A.

中国製の電気自動車 (EV) 用バッテリーの生産に使用されるリチウムなどの鉱物資源の採掘は、環境への負担が大きいです。

リチウム採掘は特に水資源の大量消費が問題とされています。

例えば、リチウムを抽出する過程で1トンのリチウムを生産するために約500,000ガロンの水(25メートルプールなら約6.3個分相当)が必要で、この過程で地域の水資源を枯渇させることがあります。

さらに、鉱物が抽出される地域の土壌や水源の汚染も報告されています。これにより、地元の生態系やコミュニティに悪影響を及ぼしていることが懸念されています​。

また、リチウム採掘は特定の地域に集中しており、「リチウムトライアングル」と呼ばれる南米のアルゼンチン、ボリビア、チリの塩湖地帯では、採掘による環境破壊が進行しているようです。

これらの地域では、採掘活動による過度の水の使用が地域の水不足を悪化させ、農業や地元住民の生活に影響を与えてかねます。

これらの問題に対処するために、リチウムのより持続可能な採掘方法やリサイクル技術の開発が急務であり、EV産業の持続可能な成長にはこれらの課題の解決が不可欠です。

e360.yale.edu

www.instituteforenergyresearch.org

 

3.1. 経済面

Q.

中国製EVのブラジル市場への投資がブラジル経済に与える影響 (雇用機会、技術移転、及び地域経済への貢献) は?

A.

BYDなどの中国の自動車メーカーがブラジルに進出することで、多くの直接的及び間接的な雇用機会が生まれています。

例えば、BYDはブラジルに工場を設立し、地元の労働者を雇用することで、地域経済に貢献しています。

また、これによりブラジル国内でのEVの生産能力が向上し、国内での普及が進んでいます​。

さらに、中国の自動車メーカーはブラジルに最新の技術を持ち込むことで、技術移転を促進しています。

これにより、ブラジルの自動車産業がグローバルスタンダードに適応し、競争力を高めることが可能となっています。

中国の投資によるこれらの経済効果は、ブラジルにとって貴重な成長機会を提供し、長期的な経済発展に寄与する可能性があります。

ブラジル政府もこれを認識し、中国からのさらなる投資を引き付けるための施策を強化しています​。

electrek.co

www.csis.org

www.aljazeera.com

www.scmp.com

 

3.2. 地政学

Q.

ブラジルと中国の間の政治的な連携とその自動車産業における戦略的な動きについて、特に、中国がブラジルにを主要な貿易パートナーとしてどのように位置づけらているか、そしてこれがブラジルの地政学的な判断にどのような影響を与えているのか?

A.

2009年以来、中国はブラジルの最大の貿易パートナーであり、その関係は両国間の政治的・経済的な結びつきの深まりを反映しています。

中国の自動車メーカーはブラジルの市場だけでなく、南米全域での展開を図るためにブラジルを拠点として利用しており、これが地域全体の産業構造に変化をもたらしています。

ブラジルは、中国からの投資を積極的に引き寄せることで、自国の産業を強化し、南米での重要な製造ハブとしての位置を確立しています。

また、ブラジルは中国との連携を通じて、国内の技術革新と産業の再活性化を図る政策を進めております。

このような動きは、ブラジルが自国の経済を多様化し、地政学的にもより広い選択肢を持つことを可能にしています。

つまり、ブラジルは国際市場でより競争力のあるポジションを築くための基盤を強化しており、ブラジルの持続可能な発展に貢献しています。

しかし、これらの動きは、地域内での自動車産業の競争構造を変化させ、特に欧米の自動車メーカーに対する競争圧力を高めています。

さらに、中国のブラジルへの投資は、ブラジルの地政学的な選択に影響を与え、中国との経済的な結びつきを深めることで、アメリカやEUとのバランスを取る戦略となっています。

www.scmp.com

www.csis.org

 

4. 更なる深堀りの為に

今回の記事のテーマを更に深める為、参考までに書籍を紹介させていただきます。

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

当ブログについて

当ページを閲覧いただきありがとうございます。 "Thank you for visiting."
当ブログについて説明をさせていただきます。 "Please let me introduce my blog."


■目次 "Outline"
1. 筆者紹介 "Introduction of myself"
2. 目的 "Purpose of wiring this blog"
3. 想定している読者層 "Target viewer of this blog"
4. 前提 "Assumption"
5. 記事テーマ(キーワード) "Themes/keywords for the articles in this blog"


1. 筆者紹介 "Introduction of myself"
・現在某メーカーにて勤務しております。
 職種は、営業です。
 "I work for a Japanese manufacturer as a sales representative as of today."
・文系学部出身です。
 数学や化学などは不得意なので文系に逃げたというところです。
 とはいえ、今現在は技術に関する話題は好きです。
 腹落ちしないと先に進めない頑固さがネックです。
 しかし、割と最近はアンニュイな感じでもとりあえず前進できるようになりました。
 (それでいいのか…?)

 昔は全く興味がなかったのですが、最近は海外に興味を持つようになりました。
 "I do not have any technical background. But I can enjoy technology stuff nowadays.
 The bottleneck is my stubbornness, which prevents me from moving forward unless I understand details.
 However, relatively recently I have been able to move forward even though I feel like I am ennui.
 (I am not sure this is good thing or not.)"

 I did not have any interests in stuff overseas but nowadays it got to be attracting to me.


2. 目的 "Purpose of wiring this blog"
①入手した情報を自分のでまとめる事で、理解を深める。
 "Make myself understand the things deeply which I research with creating articles."
②情報収集の癖をつける。
 "Develop a habit to gather information."
③表現力を向上させる。
 "Blush up my output skill."


3. 想定している読者層 "Target viewer of this blog"
・アンニュイな感じでも楽しんでいいただける方。
 "Everybody who can enjoy my descriptions even if the contents are ennnui."


4. 前提 "Assumption"
・勤務先で知りえた情報は開示しません。すべて社外で入手した情報です。
 "I will never mention what I get in the conpany I work for."


5. 記事テーマ(キーワード) "Themes/keywords for the articles in this blog"
※順不同。MECEではない。"In no particular order, and not MECE."
地政学 "Geopolitics"
・材料科学 "Materials science"

随時更新します。以上です。 "Thank you!"